私は放送局のリポーターをしていたのですが、リポーターを卒業してから、同じ放送局の総務に努めることになりました。リポーターの頃は土日も祝祭日も関係なく仕事をしていましたが、総務の事務職になると土日休みの仕事になりました。祝祭日も休み、おまけに朝は9時から夕方は5時までで仕事が終わるので、とても規則正しい生活ができるようになりました。

 

リポーターの頃は朝の番組に出るときには、午前3時頃起きて、5時までには本社に行っていないといけなかった日も多かったのですが、総務で働くようになってからは、毎日、同じ時間の電車に乗って会社に行くことになって、お昼休みもきちんと取れて土日休みの仕事に勤めているという実感がわきました。

 

放送局ですが、総務は普通の会社の事務職と変わりないと思います。書類が来て、計算したり入力したりして、上の人に渡すということや、書類をコピーしてまとめたりすることです。なので土日休みの仕事となります。

 

リポーターの頃は生放送ばかりでかなり緊張することが多かったのですが、事務職になったら、リラックスして仕事ができるようになりました。土日が休みの仕事になると、友達と会うことができるようになって、一緒にランチに出かけたり、デートをしたりして楽しい時間を過ごすことができるようになりました

 

ただ、リポーターの頃はそれなりにスリリングな感じがありましたし、スターというような感じで扱われていたのが、一事務員になってしまって、かなり扱いが普通になってしまったのが残念でした。